<< モンタナ♪ 個性 >>
その後
              先日の記事「ヴォーリズ 建築 」のその後です。ドアを開けると、こんな感じ。。。。

e0155399_1921743.jpg

                     入口のドアを開けると、ガラス窓のついた引き戸。
                     そのガラス窓から、礼拝堂を撮ったものです。
                     白い壁の真ん中に大きな十字架が掲げられていました。

                     


e0155399_19215034.jpg

                         古いオルガンの模様です。 


e0155399_19224588.jpg

                  礼拝堂の椅子です。
                  とても時間を感じます。行き届いた手入れと、木のぬくもりがとても優しく感じます。
                  長椅子の両横には、このような十字架か刻まれています。



e0155399_19213081.jpg

                    最初の写真の引き戸を開けると、正面がこんな感じで、目に入ってきます。
                     
                    この場所は、その昔・・・吉永小百合さんが若かりし頃の
                    映画?テレビ?でのロケの結婚式の場面で使った礼拝堂らしいです。
                    これは、教会の方から聞いたお話です。 ご存知の方いらっしゃるでしょうか?

                    

                    もっとまともな写真があるかと思ったのですけれど、
                    ははは。。。よくわからない写真ばかりです(泣)
                    すみません。



                    見てもらいたいを伝える写真と、その時に感じた切り撮り
                    はなかなか成立しないものだと、やや反省です。。。(笑)
                    また気付き・・課題を見つけました。。。(笑)
 






※ここは、プロテスタントの日本福音ルーテル岡崎教会です。
1517年にマルチン・ルターの宗教改革によりドイツで誕生したのがルーテル教会です。
教会というと、カトリック教会を思い浮かべる方が多いはず。
カトリックの重々しさ・格式が残りつつ、プロテスタントのとっつきやすさがいい感じで融合しているのではないでしょうか。
襟を正されるそんな印象です。
これは、ワタシの主観の感想ですので、あしからず。
[PR]
by Chisato-foto | 2010-01-24 21:31 | 風景・場面 | Trackback
トラックバックURL : http://einfoto.exblog.jp/tb/12022824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< モンタナ♪ 個性 >>