<< サクラ 余韻 >>
Old lens
e0155399_2153584.jpg


ミーハーなワタシ・・(笑)
このレンズで撮った写真を見て以来ほしくてほしくて・・
やっと手に入れたレンズ。

手に入れたのは、少し前。
なかなか出番がありません・・・(^_^;)
・・・なかなかつわものです。

マニュアルでしか操作できなくて、そんでもって実に重い。。。
カメラにつけると、ワタシの腕では、ブレプレとなる・・・(^_^;)

いつか、使いこなせるようになりたいと思いつつ。。。
レンズをのぞいてみたり、触ってみたりしている日々です。
使わなきゃ・・・上手くならないでしょ!!(←自分で突っ込み・・(^_^;))

初めて、中古のレンズというのを買ったわけで、

オークションをのぞいてみたり、
その手に詳しい人に聞いてみたり・・・
その過程も楽しいものですね。

新しいレンズもいいですが、
長い時間をいろいろな人のもとで
いろいろな切り撮りをしてきたかと思うと、
それはそれで、なかなか面白いものです。

なみなみならぬ集中力が
要求されるピント合わせでございます。(笑)

このレンズ、落ち着いてじっくり、ゆっくりと
写真を撮るとき以外は、オブジェ化しています。
たくさんの時間を切り撮ってきたのかと思うと、
早々、、、気軽な扱いが(笑)出来ないような気がしています(笑)

あっ・・決して他のレンズも気軽な扱いをしているわけではありません!!








先日の地震以来いろいろな事態が・・
いろいろなことが起こっています。

昨年の今頃は、もっと平凡に過ぎた日々だったと、思います。

『昨年の今頃は、どんな写真を撮っていたのだろう』
と・・ふと思うのです。

しかし・・写真を保存していた外付けHDD破損で
過去写真がすべてダメになってしまいました。
CD-ROMに保存をしとけば、、、よかった(泣)
過去の写真を振り返る手立ては、
このブログしかありません(泣)

手軽になった分、アナログから遠ざかっていく分、
なくなるときも手軽・・?!なのかと思わされています。




写真の「記録」と「記憶」は、なによりも、
確実で正確なのだと改めて思います。

たくさんの写真をいろいろなところでみることができて、
同じレンズを使いながらも全然違う写真になる・・・。

人が同じ時間を過ごしていながらも、
全然違うシナリオになるのと同じですね。



そんなにもがむしゃらに
『自分の写真が撮れるようになりたい』と
あせるのはどだい無理なのかもしれない・・と。

時間をかけて、
いろいろな味に仕上がっていくのかもしれないなぁ・・と。
今ときめく場面を切り撮ることが
自分の想いを伝える写真になるのかと思う昨今です。

ワタシは、最近シャッター全然押してません。
『サダマラナイナァ・・』気持ちがあっちそっちにいっています。
ややスローペース気味になっているのかしら・・ねぇ。




目をそらさないで、見続けた時間。
このレンズに敬意を表します。



こういうときだからこそ、シャッター押さなきゃと思うのです。
きれいに咲いている花や、青い空や 瞬間を見つけたとき・・・

自然の怖さを見たけれど、自然の美しさも知っていることを
忘れちゃいけないし・・・

いろいろと巡ります。

先日、印象深い言葉に出会いました。

『写真を支えに生きる勇気がわく』
すべて失ったその人のもとに津波で流されたアルバムをが届けられました。
流されてしまったアルバムを見つけて、近所の方が届けてくださったとのこと。

写真を撮ったときのことを楽しそうに回想する老夫婦。
きっとその時の気持ちを鮮明に思い出すからなのでしょう。
写真に押し込められた時間が、その時の気持ちを思い出し、
なごやかな、そして、楽しかった時間を思い出し、
気持ちが瞬間だけでも、変わる・・・。

「支え」になる写真。
ワタシが今まで気がつかなかった写真です。
奥がとてもとても深いです。


ダラダラ記事ですんません・・・(^_^;)



[PR]
by chisato-foto | 2011-04-08 20:14 | モノ | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://einfoto.exblog.jp/tb/14193212
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by snufkins0019 at 2011-04-08 23:16
こんばんは
>手軽になった分、なくなるときも手軽・・・
実感としてよく分かります。
簡単に手に入るものには、愛着と言うか感謝の気持ちを持続させる事が薄くなるような・・・。

個人的に色んな写真を撮ることは好きですが
誰かと共有した時間を残すための様なものは撮りません。
それは自分の記憶と言うか、心の中に収めておくだけでいいのかなと思っています。

映像よりは写真、写真より言葉、言葉より気持・・・
それが一番いつまでも心に残るのだと思っています^^
Commented by hama-wind at 2011-04-08 23:29
おお、プラナーですね!
僕も長さは違うのを持ってますが…購入理由は「良さそうなレンズだから」です~(笑)
典型的なポートレートレンズだと聞きましたが、人は撮らないのになぜ?と言われました。
今も良さを生かしてるとは言えないんでしょうね…。
でも使っていれば、そのうち良さが出てくるのかなと。
気長に楽しんで試してます!
ぜひぜひ…使いたおしていきましょう~♪

後半の記事は、「写真」の意味にせまるものでは?(ちょっとオーバー)
でも…芸術でも作品でもない写真が持つ意味の大きさを感じるものですね。
人にとってはどうでもいい写真でも、一人の人間にとっては人生を左右するような意味を持っていたり…。
最終的にはその個人にとっての価値ですものね。
とても興味深い記事を読ませていただきました。
Commented by チサト at 2011-04-10 06:33 x
snufkins0019さん、こんにちは。

とても大事なことを改めて確認する思いです。
写真のいろいろな要素は、
そのときどきにその人々にいろいろな要素で
関わっているのかなぁ・・とも思います。


Commented by チサト at 2011-04-10 06:36 x
hama-wind さん、こんにちは。

hama-wind さんもお持ちなのですね。
「花」というポートレート?撮られているので、
十分使いこなしていると。。。(笑)


なんだかんだいっても撮り続けることから、
写真の一歩奥深く行けるのかなぁ。

hama-wind さん、見習わねば。。。
Commented by makochi09 at 2011-04-10 16:48
チサトさんこんにちは・・おお念願のレンズ購入したんですね。
マニュアル操作のみなんだぁ・・
まだ出番待ちのようだけど、チサトさんが撮ったらどんな写真が
切り取れるのか楽しみです。

ほんと同じレンズ、同じカメラを使っていても
撮る人が変われば十人十色の写真が見れるのがカメラのおもしろいところ。
チサトさんはチサトさんにしか出せない味というか世界を持ってると思うので
それを大事にしてね


今はだれでもお手軽にカメラはじめられる時代だけど
人の心を動かすような写真は誰にでも撮れるものじゃないよね

やっぱり一枚一枚にどれだけ真剣に気持ちをこめられるか
そこにこだわっていきたいなぁ・・って思う今日この頃です
Commented by tk4645 at 2011-04-10 16:59
こんにちは。

昔のレンズかぁ。
興味を持ったことがないのであまり分からないですけど、
チサトさんを一目惚れさせたのだから
きっと魅力的なのでしょうね。
そのレンズとチサトさんの写真を
楽しみにしてます(^^
Commented by chisato-foto at 2011-04-10 23:21
makochi09 さん、こんばんわ。

楽しんで、がんばって撮ります!(笑)

簡単でないピント合わせだからこそ、
一枚一枚がとても貴重な写真になるということを意識します。

あっ・・すてきな企画の情報ありがとうございます。
ワタシも早速バナー貼りました。

知らない人と一つのことに向かっていく・・顔も名前も知らないのに、
少しずつ同じ思いに向かっていくと、もう、友達になれた気がする~♪

あっ・・すみませんレスになってませんね(^_^;)

もう少し落ち着かねば・・・
Commented by chisato-foto at 2011-04-10 23:23
tk4645 さん、こんばんわ。

なんだかんだといっても、使いこなせてないです。

(^_^;)講釈だけは、一人前ですが。。(笑)

あっ・・頑張って撮ります。
いつか見ていただけるように・・・~♪
Commented by ノースマン at 2011-04-11 12:37 x
いいな~このレンズ。
瞬間を切り取る(撮る)というよりは、じっくりと構図を練って撮るといった感じでしょうか。

写真との付き合い方はヒトぞれぞれ。
でも撮った写真が記録としていつまでも残ることは間違いありません。
今この瞬間も時間は流れています。
自分の記録、世の中の記録、季節の記録。
ちゃんと残していきたいですね。
Commented by chisato-foto at 2011-04-11 21:04
ノースマン さん、こんばんわ。
『いいな~このレンズ。』←ワタシもここから始まりましたぁ(笑)
たしかに、じっくり撮る。。。
被写体と気持ちを確認しながら撮りたくなるレンズっていう印象です。


写真という言葉は一つだけれど、写真に対する思いは、十人十色。
時間は、流れていくなかで、見過ごすことたくさん。。。撮らなきゃ撮らなきゃ。。。
<< サクラ 余韻 >>