<< 錯覚 季節と向き合う >>
後姿
e0155399_21235620.jpg






ヒマワリの後姿の写真を見て以来、ワタシの中で
花を撮るときは、「後姿も・・」というキーワードがインプットされました。

で、、、もれなく梅の花も。

でも、ピントをどこに合わせたらいいのか・・・(^_^;)
よくわからず撮っておりました。

バックの色合いも気にしていましたが、背伸びすると、
地面の緑が程良くボケて、みどりの中の梅になります。

同じ被写体でも
ひとつの要素が変わると、
見た印象がちがう事をあらためて、
思うのであります。


e0155399_21313561.jpg

[PR]
by chisato-foto | 2011-02-18 21:35 | 花(植物) | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://einfoto.exblog.jp/tb/14263228
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hama-wind at 2011-02-18 23:18
こんばんは~!
あはは、「うなじ」シリーズですかぁ?(笑)
たしかにあれもクセになりますね。
しっかり憶えていただいて嬉しいで~す!(爆)

これは…実は梅でも↓のとは少し種類が違うもののように思います。
緑咢梅(リョクガクバイ)とか、そのあたりのものかと…。
よく似てるけど、撮ってみると印象がかなり違うでしょう?
不思議に感じるくらいです。

ピントは、まずはシベの花粉が見えるのを一つの目標にするのが第一歩のように思います。
そこから、自分が強調したいところを探す方向に行ってみては?
あと、実は明度も印象を大きく変えるものの一つだと思いますよ!
あれこれ試しながら楽しんでいきましょう~。
Commented by hama-wind at 2011-02-18 23:49
すみません…。
「緑萼梅」の間違いです。
草冠がありませんでした(汗)
Commented by y_and_r_d at 2011-02-20 21:11
こんばんわ。
この角度から見る梅、初めてのような気がします。
見方を変えることの重要性を教えてくれる写真ですね。
Commented by chisato-foto at 2011-02-20 22:00
hama-windさん、こんばんわ。

ダブルコメントありがとうございます~。
この梅、枝ぶりが他のものと、ちがっていました。
「緑萼梅」っていうんですか・・・よくご存じで、、脱帽です。

いろいろな種類があることは、なんとなくわかってわいたけれど、
撮っていると、何が何だか分からなくなります。
(笑)

ピント合わせは、いつも考えてしまいます。

シベの花粉が見えるのを一つの目標というのは、よく言われることですが、
なかなかピント合わない・・・(^_^;)
どうもブレます。

自分がどこをみせたいか・・という観点から見るということ
なんとなく、わかります。
でも、やっぱり、
ちいさなファインダーからのぞくとよくわからなくなります。

これは、、練習・・慣れですね。
がんばりまっす!!!


Commented by chisato-foto at 2011-02-20 22:05
y_and_r_dさん、こんばんわ。

いろいろな角度で撮っては見るものの・・・
桜とか、梅・・ってなかなか難しいです。←ワタシ・・・

角度がちがうだけで、バランスが悪くなって、
なんだか、変!!!
(笑)

広角で、撮るのもいいですが、
せっかく花を撮ったのですから
一枚は、「マクロで・・」と欲張ってしまいます。


>見方を変えることの重要性を教えてくれる写真ですね。
・・嬉しいお言葉です(喜)

同じ花でも、いろいろなところで写真を見せてもらうと、
思わぬ発見があります。
同じ花を撮っていても、何で、こんなに違うのか・・・
頭をひねるばかりでございます。
<< 錯覚 季節と向き合う >>