<< ある日の朝 しずかに待つ >>
TODAY  
e0155399_21155815.jpg


 
『やさしい夕焼け』と感じた一枚






e0155399_21205270.jpg

e0155399_21162873.jpg
e0155399_2117488.jpg

[PR]
by chisato-foto | 2011-06-25 21:22 | | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://einfoto.exblog.jp/tb/15013931
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hama-wind at 2011-06-25 22:54
すごく良い色の夕暮れですね~!
北の方向は雷雨だったのでしょうか?
空気に水分は多そうなのに、これだけくっきりは珍しいのでは?
うらやましいですね~。
こちらは厚い雲の中です…。
Commented by snufkins0019 at 2011-06-26 08:37
おはようございます。
羽衣雲と積乱雲の競演ですね^^
空の大きさを感じます。

ガーベラ?のシルエットも素敵ですね^^
Commented by makochi09 at 2011-06-26 22:25
こんばんは一枚目の花のシルエットと夕焼けすごく絵になってる。
闇の中なのに花の存在が際立ってる感じ。
好きだなぁ・・こうゆう写真。
あと夕暮れ鉄塔フェチな私としては3枚目にドキってしちゃう
空のグラデーションもいい感じねぇ・・
Commented by チサト at 2011-06-26 22:30 x
hama-wind さん、こんばんわ。
もくもくと雲がすごかったです。
なかなかの遠近感とダイナミックな空でした。
そちらは、ちょっと不発?!だったようですが・・・

夕焼け、撮れそうで撮れないですけど、
たまにこんなふうに撮れるときに見せてくれる
夕焼けに期待したいです~♪
Commented by チサト at 2011-06-26 22:32 x
snufkins0019 さん、こんばんわ。

久しぶりに夏の空という感じで嬉しくなりました。
梅雨の晴れ間にちょっとしたご褒美気分です。

これ・・何の花だかわかんないですけど、
黄色の花びらです。
畑の隅に咲いていました。
この構図で30分粘ってました。(笑)

風が心地よかったのですが、ゆーらゆーらで、、、
撮るには、忍耐でした。そしてこれが限界(^_^;)
Commented by チサト at 2011-06-26 22:36 x
makochiさん、こんばんわ。
わぁ・・知らなかったです。。
『夕暮れ鉄塔フェチ』とは・・・
ワタシもその傾向ありかなぁ・・(笑)

ただ唯一夕焼け撮れるいい場所がここしかないというもあって、
いつも撮れるときはこの場所です。

空のグラデーションには、発見が多いですね。
絶対といっていいほど、作ることのできない微妙な色合い。。。
目を凝らしてじっーと見てると、あっという間に太陽が沈んで
真っ暗です。(笑)
Commented by kkworks3 at 2011-06-26 23:38
素晴らしいです。
不思議と、一枚目の『空』が一番印象に残りました。
写真って奥が深いなあ。
Commented by チサト at 2011-06-27 08:06 x
kkworksさん、おはようさんです。

自然の美しさは、やはり、
人には想像つかないですね。
この夕焼けのグラデーションは、
いつみても飽きないです。

写真・・カメラがあってよかったなぁ・・と
思う瞬間です。。。ね♪
Commented by ベンリー at 2011-06-27 22:40 x
こんばんは!

まさしくやさしい夕焼け、やさしい時間の色ですね。

夕焼けの時間って時間の早さを一番感じます。。
撮らなきゃって思った瞬間に撮らないと、
陽のあたり具合とか、雲の形とか、一瞬にして
大きな変化を遂げてしまうので…。

夕焼けじゃなくても、本当はいつもそうなんでしょうけれどね。
Commented by チサト at 2011-06-29 21:06 x
ベンリーさん、こんばんわ。
レス遅くなりました。

二度とない夕焼けとおもうからこそ、ドラマが見たくなります。
しかし・・・本日も暑くて、
夕暮れの時間も暑かったです・・
今日は、撮るの無理でしたけど。。。


いろいろ考えていると、撮れなくなってしまうけど、
いろいろ考えたい・・・(笑)
でも、考える前にシャッター押して撮った写真が妙に心に残ることも
ありますね。
でも、柔軟にフットワーク軽くいたいというのは・・・永遠のテーマです
(笑)
<< ある日の朝 しずかに待つ >>